読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗山千明さん応援blog「GO!GO!C.K」(β版)

女優栗山千明さんの話題中心独善的blog。Thank you for access. This is the personal blog that assists in actress C.K(Chiaki kuriyama). This blog is Japanese version only . Since 2004.2.26

カネボウ COFFRET D`OR

久しぶりにトラックバック貰ったサムライ・マーケティング ~コトラーはまだ若いさんをネタに使わせて貰おう。

「オレ、遠慮しないよ・・・。」by「ハゲタカ」西野治

カネボウ COFFRET D`OR  vs  資生堂 MAQuillAGE 

でのタレント比較に物申す(笑)

キミ、そもそもマーケティングセグメンテーション間違えてるし・・栗山千明をフレッシュ・キュートに分類するという愚挙(笑)・・つかその結果をC.Kfanサイトにトラックバックする?

「戦争だよ!戦争!」by「ハゲタカ」西野治

C.Kは敢えて言えばクール・キュートというセグメントなのではないか?

そこでの結果がこれ

フレッシュ・キュート   ○→『COFFRET D`OR』

女優業のみならず、歌手業でも実績を残している沢尻エリカさんは、2008年最も注目を浴びてくるかもしれません。スキャンダルが怖いですが、栗山千明さんよりも成長性が高いのでは。

まぁ・・前提条件としてはC.Kにとってスキャンダルは尤も遠くにありますからな・・・沢尻さん並のインパクトがむしろ羨ましい(笑)

否定はしませんよ・・注目度という面ではC.Kは多分沢尻さんの何分の一、何十分の一しかないでしょう。

なんといってもこのblogのアクセス数だって日に300アクセス弱しかないんだもん(笑)<ちょっと愚痴(^。=)

ただ成長性という面では比較すること自体がちょっとナンセンス。

見据えてる視線が違うというか・・・高低ではなく左右っていうか・・・沢尻さんはあくまで今までの日本の女優・歌手としてのセグメントの上に載っているのに対し、C.Kのスタンスはモデル・女優というセグメントじゃないかな?

彼女自身も「スチール撮影、大好き」と公言してますし。

女優としての栗山千明の成長度合い・・・これは追ってるこちらが判断することで、マーケ屋は口出すんじゃねぇ!って感じでしょうか?>(^.^)ご(-.-)め(__)ん(-。-)ね(^.^)

そしてそれはサムライ・マーケティングさんが比較対象としているメガブランド「マキアージュ」のセグメントにも言えるんではなかろうか?と思うんですよ。

彼女のセグメントは蛯原友里さんとは対局であり、それでこそ今回のCMでもそのクールさが一層映えるんであります。

対して沢尻さん・・・映えてますか?

COFFRET D`OR のセグメント分けの曖昧さが際立ってると思うんですが?>今回の集合スチール

これも「統一性」という言葉で対抗できるんですが、じゃあなんで5人も起用する必要性があるんですか?と・・。

栗山千明という女性をより一層輝かせる=存在感を定着させる方法としては、マキアージュというメガブランドとの提携は吉と出ていると私は思います。

ま、そうは言ってもこれはfanの戯れ言。

プロとしてマーケティングすればまた違った結果が出てもおかしくはありません。

ただ一点「栗山千明栗山千明沢尻エリカとは全く個性が異なる女性」ということは間違えようのない事実ですし、彼女達の個人の魅力も全く異なるということはお忘れなくd(^-^)ネ!

面白いネタありがとう!>サムライ・マーケティングさん