読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栗山千明さん応援blog「GO!GO!C.K」(β版)

女優栗山千明さんの話題中心独善的blog。Thank you for access. This is the personal blog that assists in actress C.K(Chiaki kuriyama). This blog is Japanese version only . Since 2004.2.26

栗山千明出演ドラマ「Dr.ナースエイド」

このところ看護師づいているC.K

次の職場は?

小澤征悦が“医者のパシリ”(!?)役で日テレ系ドラマ初主演

小澤征悦“ダメかわ外科医”で主演

小澤征悦、“オレ様”外科医役に挑戦 “ナースエイド”と共に成長

小澤征悦、ダメ男キャラの医者役で日テレ初主演『Dr.ナースエイド』看護助手がテーマの新機軸ヒューマンコメディドラマ

[あらすじ]倉木メディカルセンター。緊急入院患者が1年に200人を超える地域の私立病院だ。森健(小澤征悦)は、ここで働く40歳。トップクラスと言われるバリバリのデキる医者、を目指す男。自分では、そこそこイケてると思っている。ある日、倉木メディカルセンターのオーナーであるセンター長・倉木が倒れた。もう、病院経営は無理だと、その弟である倉木大将(大杉漣)がセンター長として着任する。ある日、その新センター長に呼ぱれた森は、夢にも思わなかった言葉を耳にする。「病院を変える。この病院に看護助手養成コースを作る。プロフェッショナルなナースエイドをこの倉木で育てるんだ」。森は耳を疑う。看護助手といえぱ、雑用係。資格もいらない、素人にでもできる仕事だ。「なんで、看護助手なんかの養成を? 看護師や准看護師の専門学校を併設しようというならまだわかりますが……」「君も改めて看護助手の仕事を学んでください。上に立つ人間として」「僕は医者ですよ!?」「病院を変えるんです」。新センター長、大丈夫か、頭。と健は感じながら、上のいうことに逆らえず……。

かくして、倉木メディカルセンターの「看護助手養成コース」は発足し、森はイヤイヤながらもそこに研修に行く羽目に。同じく、倉木メディカルセンターの看護師である林ことみ(栗山千明)は、「養成コース」の専任講師を命じられる。「この病院はただでさえ、看護師不足で毎日へトヘトなのに、講師なんて。私ひとり減ったらみんなに迷惑が!」と拒否していたのだが、倉木に「目の前より、将来なんだ」と説得されたのだ。まさかそこに、医者である健が混ざっているとも思っていなかったが……。第1期生は10名で、医者と結婚するのが夢の悟り世代娘(小島藤子)、とにかく手に職が欲しいシングルマザー(片瀬那奈)、獣医の資格を持つ男(桐山漣)など、素人や異端児だらけのメンバーであった。医者として看護師に指示をしていればよかった健は、実際の看護助手の業務を把握していない。医療知識はあるものの、助手たちの「医療行為に関係ない」仕事量の多さに驚く。看護助手のすべてを知るべし、とセンター長に言われ、「看護師のくせに」とバカにしていたことみに、医者に戻れるかどうかの印籠を握られている健は、しぶしぶ自分も助手候補生たちと学び働くことになるが、「俺は医者だあああああ!!! 病院のパシリじゃねええええええ!!!!」と、その2ヶ月は人生最低の日々になると予感する。ドクターである健が、看護助手もこなせる「Dr.ナースエイド」になれる日も……近い!?

■金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画『Dr.ナースエイド』

2014年11月7日(金)21:00~22:54(日本テレビ系)

【出演】小澤征悦、栗山千明片瀬那奈桐山漣小島藤子宮澤佐江石野真子大杉漣 ほか

【脚本】樫田正剛(「チープ・フライト」「磁石男」ほか)

【チーフプロデューサー】伊藤響

【プロデューサー】三上絵里子、柳内久仁子(AXON)

【演出】菅原伸太郎(「泣くな、はらちゃん」「東京バンドワゴン」ほか)

ますます脂が乗ってきたC.Kの演技に注目だな!